用語解説

コグニサイズ

コグニサイズとは

国立長寿医療研究センターが開発した、高齢者の認知機能維持・向上を目的とした取り組みの総称です。
コグニション (認知)」と「エクササイズ (運動)」を組み合わせた造語です。

出典
国立長寿医療研究センター - コグニサイズとは?

やや負荷のかかる運動認知課題(頭の体操)を組み合わせたメニューをこなし、レクリエーションゲーム感覚で楽しく認知症予防に取り組みます。

認知力は、専用のiPadアプリ(NCGG-FAT)を用いて測定し、その場で診断結果が得られます。
(認知症かどうかを診断する検査ではありません)

NCGG-FATで測定中の様子
NCGG-FATで測定中の様子

国立長寿医療研究センターは、日本で唯一、高齢者の心と体の自立の促進・健康長寿社会の構築を目的に設立された、国立の研究所/病院です。

実施方法・期待できる効果

  • 体を使う運動課題
  • 頭を使う認知課題

を同時に行うことにより

  • 身体機能の維持
  • 記憶力の向上
  • 記憶と学習能力を司る海馬の萎縮を改善

などの効果が期待できます。

メニューの具体例

例1
運動課題「椅子に座り足踏み」
認知課題「3と5の倍数で手をたたく」
例2
運動課題「ラダー(はしご型の足踏みガイド)を用いたステップ」
認知課題「該当の数字で足をマスの外へ出す」
基本の2マス8歩
従業員向基本の2マス8歩プログラム
2・5歩目をマスの外へ出す
2・5歩目をマスの外へ出す

弊社は指導者資格を取得したコグニサイズ促進協力施設です

国立長寿医療研究センターより、コグニサイズ促進協力施設として認定されました
2017年4月現在、福岡市内では弊社のみです。

また、コグニサイズ指導者資格を持つスタッフが所属しています。